書を書くことについて

皆さんは、書を書くことについて、何を期待し、何を求めていますか。


大それた目標でもなくてもいいと思います。

ただきれいな字を書きたいということでもいいでしょうし、

みんなで集まって、お話をされながら書を書くということが楽しみという方もおられるかと思います。


わたしですか?私も大それたものはありません。

長く続けていれば、見えてくるものがあるかなと思い、切らさず、断つことなく続けてきました。

その結果、書道の教室を運営させてもらっています。


やはり、長く続けた先にしか見えない景色がありますね。

その見えた景色を生かして、生徒さんの書に寄り添っていきたいと思います。


華建




閑話


左は、ガザニア・ビースト

右は、ボンザ・マーガレット